鴉埠咖啡Ⅰ&Ⅱ~YABOO CafeⅠ&Ⅱ~

「鴉埠咖啡Ⅰ&Ⅱ~YABOO CafeⅠ&Ⅱ~」のアイキャッチ画像

台北のザ・観光地といえば…


迪化街、士林夜市、西門、台北101…

メジャーからマイナーまでまぁ山ほどある中で、
「永康街」ここも必ず入ってくるのではないでしょうか。

私も日本から友達が台湾に来た時には必ず「行っとく〜?」と提案するのはココ。

有名な小籠包のお店や、夏は絶対食べたい芒果冰、
ローカルグルメの蔥抓餅も鹹酥雞も揃っているし、
お土産屋さんやちょっとおしゃれな台湾茶カフェなど、男性も女性も程よく楽しめるという手頃さ、最高。

と、それはそれは有名な観光地でありますが、1回行けばもう十分!と思っていませんか?


実は台北でも指折りのリッチな方々の居住地でもあるこのエリア。

ここを地元とする「ちょっとイイものが好きな人たち」が愛用する「イイお店」が
ところどころに点在しているので、何度でも行きたくなる街なのです。

中でも抜群にコーヒーにこだわっているカフェがあると知ったら思わず足を運ばずに入られません!


と言うことで、今回は永康街と麗水街にひっそり佇む鴉埠咖啡に行ってきました。



1号店と2号店の姉妹店であるこちらのカフェ、オーナーも実の姉妹です。

使用しているコーヒー豆は全て自家焙煎、ケーキとフードも手作りにこだわっています。

充実したひとり時間が過ごせる1号店

アンティーク調の家具と、ところどころ灯された明かりでリラックスできる隠れ家的雰囲気が素敵。

読書、仕事、音楽を聴いたり、映画を見たり…

人がたくさんいても不思議と集中できる空間づくりがされています。

パスタやサンドイッチなど、フードも充実しているのでお腹が空いても心配なし。

店内を闊歩するのは看板猫の虎面。

街歩きに疲れたら2号店でリフレッシュ

台湾らしい熱帯の植物が庭先に賑やかな2号店。

明るい雰囲気の店内では賑やかにおしゃべりするグループや、仕事のミーティングでしょうか、真剣に話し込む人の姿も。

こちらのオススメはスタッフ考案のオリジナルドリンク。ここだけでしか飲むことができないスペシャルメニューです。

厨房奥から漂うケーキの甘くて香ばしい匂いもお店のいい演出。

焙煎したての新鮮な豆を、一杯ずつ丁寧に淹れていきます


腕のいいバリスタが勢揃いの鴉埠咖啡。

ハンドドリップ以外のコーヒーメニューでも、3種類ほどの中から豆を選んで淹れてもらうことができました。

私のオススメはラテ。

コーヒーの香りと、ミルクの甘みがぎゅっと詰まっていて、一杯でデザートとコーヒーを頂いたような満足した気持ちに。

実は私、コーヒーの酸味が苦手なのですが、それを伝えたら酸味の少ないコーヒー豆をオススメしてくれましたよ。

こういう相談ができるところ、嬉しいなあと感じます。

お店で使っているコーヒー豆は店内で販売も。
個包装のドリップバッグはお土産にも
GOOD

1号店2号店共に、メイン通りから1本道に入るので、お店の周りはとても静か。

こだわりが詰まったコーヒーで、街歩きの疲れを癒してみてはいかがでしょうか。


SHOP info

鴉埠咖啡 YABOO 1号店

住所:台北市大安區永康街41巷26號
最寄駅:東門站
営業時間:(平日)12:00〜0:00
     (土日祝)11:00〜0:00


鴉埠咖啡 YABOO 2号店

※1号店2号店共に土日祝のみドリンク1杯の注文で3時間の時間制限あり

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です